ごあいさつ

社長挨拶

 平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 新型コロナウィルス感染症の影響を受けられた事業者の皆さま、罹患された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。感染症の一刻も早い終息と、皆様のご健康を祈念しております。

 日本経済の近況は、新型コロナウィルス感染症に対する防疫措置をとりながらの社会経済活動が続いているものの、まん延防止等重点措置の解除などを受けて経済活動が正常化に向かい、景気動向に回復の動きがみられました。しかしながら、世界的な資源価格の高騰やサプライチェーンの停滞が続く懸念もあり、先行き不透明感が強い状況にあります。
 銀行カードローン市場では、2017年3月の「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」以降、健全な市場の形成に向けた各種取り組みが継続されております。近年、異業種参入が相次ぐなど競争環境は激しさを増し、個人向け無担保ローンの取り扱いに対する金融機関のニーズは益々多様化しております。

 当社は、こうした環境変化を機会と捉え、金融機関が取り扱う個人向け無担保ローンの保証業務に加え、個人向け無担保ローンのプロモーションから債権管理に至るまでの各プロセスにおいて、多様なサービスを提供し、高い評価をいただいております。保証業務においては、長年に亘る事業活動で培った与信モデル構築や集客マーケティング戦略の立案、債権管理手法のご提案など、皆さまの期待を超えるサービスを提供しております。
 引き続き、お客さま第一義の理念のもと、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員として、良質な商品・サービスの提供を通じて、お客さまの健全な資金ニーズに適切に応え、安心・信頼をお届けできるよう、役職員一丸となって取り組んで参ります。

 最後になりますが、信用保証事業に求められる社会的責任と使命を果たし、社会とともに成長する企業となるべく、コンプライアンス重視の企業風土をさらに推進し、企業価値の向上を図るとともに、持続可能な社会の実現に寄与するため、SDGsで掲げられている社会課題の解決に努めて参ります。

2022年6月